« 春になってしまいました(;^_^A | トップページ | ミューザ川崎、室内楽 »

2011年3月13日 (日)

大地震

牧人くんは無事だったそうで、何よりですが、

ご家族と離れて一晩過ごし、さぞやご心配だったことでしょう。

ワテは、オンボロなビルであの揺れに遭い、出口を確保しようとドアを開けたけど、

揺れでドアが閉まってくるんです。震度5強!死ぬかと思いました。(>_<)

ドアにつかまりながら揺れがおさまるのを待ちましたが、ほんとーに長かったです。

揺れが始まった時、靴を履き替えてバッグを持っていたので、

揺れている最中、死を覚悟して「無念」な気持ちと、

「あとはコートとマフラー」と思う気持ちが交錯し、家のことなども考えました。

家(集合住宅)は、ちょうど耐震工事が終わったばっかりだったので、

「うちは大丈夫!」と思い、震える手で携帯を持ち、バンコクに出張中の社長に

電話をしましたが、既に繋がらず・・・。

揺れがおさまってすぐに固定電話から電話をしたら繋がり、状況を説明し、

コートを持ち、トイレに行き、階段で1階まで降りました。

トイレは水浸しだったし、事務所は植木鉢が倒れ、椅子が動き、ひどい状態でした。

1階エントランスでは、ビルの壁に亀裂が入っていて、

横浜公園は避難した人でいっぱいでした。

Dvc00095

みんながヘルメットをかぶっているのを見て「あっ、忘れてきた!」

と、思いましたが、余震を考えると取りに戻る勇気はなく、

「海も近いし津波は?」と思い、ワンセグを観ると、東北で震度7という文字が!

「ここは?」と思っても、情報もないので、自分で判断するしかありません。

Dvc00099 Dvc00098

電車は止まっているだろうし、なるべく海に近づかないように帰宅する道を考えました。

幼い頃から「地震があったら高い所へ逃げなさい」と、父に摺りこまれていたので、

丈夫な高層ビルがある道路を選び桜木町駅まで行くと、人であふれていました。

携帯のiモードも繋がらないし、通話もできない中、

合宿で大分にいる甥っ子も電話をくれ、状況を伝えると驚いていました。

電話を切って携帯の画面を見ると、

甥っ子が何度も電話をかけていてくれたのが分かり、涙が出ました。

立ち止まっていられないので、歩け、歩けで横浜まではすぐに着いた気がします。

横浜駅も人であふれていて、電車が動いていない駅は真っ暗でした。

あとは国道15号をまっすぐ川崎へ向かえば良い!と思いましたが、

上を通る首都高がミシミシと音をたてていて恐怖をあおりました。

それでも、人の波に乗って歩いたので、以前予行演習をした時よりは

速いペースで歩けたようで、およそ3時間半で帰宅できました。

Dvc00097

途中の鶴見駅付近では停電して信号機も街路灯も点かず真っ暗でした。

Dvc00096

やっとの思いで帰宅すると、当然のことながらエレベータが停止していて、

ふらつく足で階段を登りましたが、疲れは感じませんでした。

きっと緊張していたんでしょうね。(;^_^A

テレビを観ると、想像を絶する被害を知り愕然としました。

家も棚のものが落ちたりして、大変だったそうですが、

お仏壇はさすがです!ご本尊様とお位牌もお茶やお水のお茶碗も

少しずれただけでした。

青森の母の実家とは今朝漸く電話が繋がり無事を確認できました。

避難していたそうです。海に面している家で、帰宅すると波が庭まで来ていたとか。

僭越ながら被災され天に召された方のご冥福をお祈り申し上げます。

そして被災地の皆様に見舞いを申し上げます。

どうかこれ以上被害が広がりませんよう祈るばかりです。


« 春になってしまいました(;^_^A | トップページ | ミューザ川崎、室内楽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春になってしまいました(;^_^A | トップページ | ミューザ川崎、室内楽 »